金融機関を利用する場合の借入限度額について

金融機関で融資を受ける場合、どれだけでもお金を借りる事が出来る訳ではありません。実際にはその限度となっている金額が設定されており、その事を借入限度額呼びます。金融機関の融資内容を見ていると、最大何円までと言った形で表記されており、実際にはその金額までお金を借りる事が出来ると言う事になります。ただ誰でも借入限度額の上限まで借りる事が出来る訳ではありません。実際に融資を受ける際、その人の返済能力に従って融資額が決まるからです。その為、通常は沢山お金を稼いでいる人の方が多く借りる事が出来、少ししか稼いでいない人はそれに見合った額になります。また、消費者金融を利用する場合は、実際の借入限度額は年収の3分の1を超える事は有りません。消費者金融を管理している貸金業法の中の総量規制では、利用者は年収の3分の1まで借りる事が出来ると定めているからです。金融機関を利用する場合、審査によって借入限度額が設定されます。

ただ、同じ年収の人でも同じ額になるとも限りません。金融機関で融資を受ける場合、無担保融資の時は信用貸しの形態をとっているため、あくまでも融資希望者の事を信用してお金を貸す事になります。つまり、金融機関からの信用度が低ければ、その分お金を沢山借りられなくなると言う仕組みです。その為、その金融機関を初めて利用する場合は、決して借入限度額の上限まで借りる事が出来る訳ではなく、基本的には最も少ない額が設定されます。ただ、借入限度額はいつまでも同じ額となっているわけでは有りません。信用貸しの場合、金融機関からの信用度がアップすれば、融資の総額の打診があるからです。また自分でも限度額アップの申込をする事も出来るようになっています。ただ金融機関から打診が有った場合は、金融機関側の条件をすでにクリアしているので、借入限度額アップはそれ程難しい事は有りませんが、自分で申請する場合はその申請が通らない可能性もあります。実際には借り入れ限度額アップの為には再度審査が行われ、その審査自体は初回利用時の審査の時よりも条件が厳しくなっているからです。