借入とは目的を達成するためにお金を借りることです

よく借入という言葉を耳にしますが、借入とは他人や事業者からお金を借りることを指す言葉になります。(借入とは)いわゆる借金と同じです。この言葉がよく使われるシーンが、金融機関からお金を借りる時です。金融機関には銀行や信用金庫、信用組合や消費者金融、信販会社などがあてはまります。決まりはありませんが、主に金融機関は銀行や信用金庫、信用組合を指す言葉として広く使われており、消費者金融や信販会社は貸金業者と呼ばれることが多くなっています。金融機関であれば各種ローンが借入に該当します。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンにフリーローンなどです。貸金業者だと、キャッシングやショッピングクレジットが知られています。両者が共に取り扱っていることで有名なカードローンもそうです。ショッピングクレジットに似たものとして、クレジットカードも借入の代表的なサービスです。キャッシングやカードローン、フリーローンでは直接お金を借りる仕組みであるため、借入の実態がわかりやすいですが、住宅ローンやショッピングクレジット、クレジットカードだと直接的な金銭のやり取りがないため、借入の感覚が薄れがちです。

しかし、これらの借入は貸出す側の事業者が本人に変わって商品の購入時に立て替え払いを行っています。おかげでまとまったお金が用意できなくても、直ちに住宅を建てることができたり、家電製品の入手や、エステサロンの施術を受けられるなどの目的を達成することが可能です。現金を借りる場合も商品の立て替え払いであっても、借入を利用したなら契約内容に従って期日までに返済しなければなりません。一括で支払える方法もありますが、借入金額が多い場合には分割払いやリボルビング払いで月々に支払いを分散して少しずつ返済するようになります。借入日から支払期日までの経過日数と、借入できるサービスの設定金利で算出された手数料が加算されるものがあります。利息とも呼ばれているもので、借入の返済と共に支払う義務が生じます。