FX自動売買で発揮される複数のメリット

By: Jumilla

市場の流れを見逃せない取引は、常にグラフの変動を監視したり、手が離せない状況を続ける必要があるので、精神的にも強く妥協しない投資に対する姿勢が重要です。しかし、1日中市場を見張るには体力が必要で、24時間変化を見守るのは現実的ではありませんから、FX自動売買による効率化が現実的で良い判断になり得ます。MT4によるFX自動売買が優れているのは、小さな損失で感情的になったりせず、いつも冷静で誤りのない判断が行える機械的な性質ですから、人には真似出来ない意志の固さや安定性が実現します。

また、判断を機械任せに出来るので、精神をすり減らすストレスとは無縁になりますし、画面に張り付く作業からは解放されますから、自由な時間と投資のチャンスを両方同時に得られます。国内の市場に限れば、日中の変化に目を向けるだけで良いですが、通常は仕事をする時間帯ですから、専業でなければ挑戦を続けるのは困難です。

FX自動売買は外出時の変化にも対応し、条件さえ整えば投資が実行されるので、仕事の収入と資金投入の利益が増える切っ掛けになります。深夜帯の取引でも、FX自動売買の無人化次第で対応可能ですから、海外の銘柄も見逃さずに把握が行えますし、国内にとらわれない柔軟な投資環境が構築されます。リスクを分散する意味においても、FX自動売買で銘柄や国境を越えた取引が出来ると、大きな損失を避けて継続が可能になるので、一つの種類に集中するよりも有利な立場になります。

更には、長期的なやり方や短期に集中する手法が関係なくなるので、時間的な制限を受けずに最も良い選択が行われます。何よりもFX自動売買にある優れた点は、取引きする人の技量が結果に影響を与えず、全ての判断が機械によって下される事です。勿論、結果に関する責任は、FX自動売買を稼働させた人にありますが、利益を増やす成功でも同じ事ですから、上手く活かせばこれまでにない結果が引き出せます。

Posted under 未分類

FX自動売買の精神的メリットとは

By: Blondinrikard Fröberg

自分のお金を運用する方法がたくさんありますが、低金利である現状としては、預金による利息などでお金を増やしていくということはなかなか難しいです。ですから、お金を増やしていくということであれば、ある程度値動きのある相場で資金を運用していくことが大事になってきます。

最近では、インターネットの普及によりオンラインで個人でもトレードをすることができるようになってきましから、誰でも取り組むことが可能です。しかし、値動きがあるような株や為替などの相場で取引を行うに当たっては、簡単に資金を運用するどころか資産を目減りさせてしまう可能性があります。そこで、これから運用を始めようと考えているような人やいまいちトレードで利益を上げることができないという人は、FX自動売買を使ってみるとよいかもしれません。

このFX自動売買を用いることによるメリットとしては、精神的なメリットを挙げることができます。トレードを自分の裁量で行っている場合、常に売買のタイミングを自分で考えなくてはいけませんし、利益が出ると早めに利益を確定しようと消極的になったり、損失が出るとすぐ戻ると思ってポジションをそのまま放置してしまい損失がさらに膨らむということも良くあることがです。このような結果になってしまうのは、人間の精神的な部分が大きく関係しているからであるということが言えます。

裁量トレードでも利益を重ねていくことはできるかもしれませんが、よほど精神的にタフでないと難しい面があります。しかし、FX自動売買であれば、こういった人間特有の精神的な部分は一切排除されます。FX自動売買は、決められたルールに基づいて、確実に利益の確定、損切りを行っていきます。しかも、そのルールは適当に決めたルールではなく、勝率など過去の相場を分析した情報に基づいてルールを設定しますから、トレード手法自体が利益を得やすい取引手法であるということが言えます。

Posted under 未分類

FX自動売買のメリット

By: Images Money

FX自動売買とは、事前に決めておいたルールに従ってトレーディングツールに自動で売買させるトレーディング法です。主にFXトレードで多くの人が使用しています。トレーディングというと、人が相場を目視し、様々な状況を考えた上で注文を出す取引方法が一般的です。これを裁量トレードと呼んでいます。裁量トレードと対極に位置するのがFX自動売買で、相場を常に監視している必要は無く、一度システムを起動させるだけであとは取引システムが自動で売買を行ってくれるのです。

FX自動売買を行うメリットは複数あります。まず、人間が取引を行う際に障害となる「感情」を排除できることです。裁量トレードでは、新たに注文を出すときも決済するときも人が決断し、操作を行います。このとき、監視していた通貨ペアの状況が自分が決めていた買いのポイントだったとしても、「損をするかもしれない」という感情が湧き注文を出すことを躊躇してしまうかもしれません。決済するときも、利益が出ている状況であってもさらなる利益の上乗せを期待したり、損失を出している状況であればその損失を確定したくないがために損切り注文を出せなくなってしまうことがあるのです。

そういった人間の感情を排除し、機械的に取引を実行してくれるのがFX自動売買です。裁量トレードと違い、どんな相場環境にあっても事前に決められたルールを忠実に実行するため、感情に邪魔されることがないのです。

時間的なメリットもあります。裁量トレードでは注文を出すためにパソコンの前に座り相場を監視し続ける必要があります。監視し続けたとしても、売買ポイントが見つからず時間を無駄にしてしまうことも少なくありません。FX自動売買であれば、一日の始めにシステムを起動するだけで、あとは自動で売買ポイントを探して取引を行ってくれます。人が介入する要素が無いため、相場を監視し続ける必要もありません。
トレーディングを行うときに、強い味方になってくれるのがFX自動売買です。

Posted under 未分類

FXで頑張った疲れを癒すための花火大会。デザートもリッチに食す

By: Epic Fireworks

先週に引き続き、花火大会に行ってきました。今回は2回目、そして今年最後の花火。FXで頑張るエネルギーを充電して、日々の疲れを解き放つための行事。毎年のように決まった時間に出かけ、決まった道を通っていきました。夜ご飯までいつものようにコンビニを利用して買う始末。私には夢がありまして、1回だけでも花火を鑑賞しながら豪華ディナーを楽しみたい。浴衣を着て♪そんなことを思い始めたのが約5年前。今年こそは!って思うんだけど、日が近づくと結局は決まったパターンを選んでしまう。

屋台で買ったり、コンビニで買うのは多くの人がやっていることだから、みんなと同じにしていたほうが違和感がないです。多数派がやっていることに合わせるのって、みんなと同じが大好きな日本人の考え方が入っているなぁと思います。私はやっぱり日本人気質ですね。身につけようと思わなくても自然と身についてしまった習慣です。苦労しないで身につく習慣は楽でいいですね。だけどそういう習慣はあまりいいものではないことが多いような気がします。楽な方へ、楽な方へつい行ってしまう。

例えば、近い場所まで車を使って行ってしまう。エスカレーターと階段だったら、乗って立っていれば自然とたどり着けるエスカレーターを選ぶ。こんな感じの習慣は簡単に身につくよね。逆に自分にいい影響を与えてくれる習慣は身につきにくい特徴があると感じます。お菓子を控えた健康的な食生活。これは毎日のようにテレビで大事だよ!と聞いて、とてもわかっているし、お菓子ばかりは良くないよ!と自分に言い聞かせているのについ手が出てしまうんです。寄ったコンビニでいつもにも増して良くない買い方をしてしまった。冷やし中華、おにぎり。一番こだわったのが食後のデザート。シュークリームとプリン。そしてドリンクは砂糖の入ったコーヒー。

野菜が1つもなく、見渡せば炭水化物、糖質の悪しき食事。これぞ自分の本性なんだと見せつけられました。会場に着くとおにぎりと冷やし中華を食べ、デザートは20分後にリッチに味わう。これがディナーのかわりのリッチ。花火は4か所から上げていて見渡すと花火で埋め尽くされて最高に綺麗でした。戦後70年という事でいつもより豪華。会場からは拍手と歓声が沸き起こっていました。鳴り止まない花火と歓声って相場で例えると非農業部門雇用者数の好結果を受けて一晩中円売りが止まらない米ドル円を想像しました。そんなときがありました。お祭り騒ぎに沸いた相場が懐かしい。市場が沸いた雰囲気そのものだと妄想に溺れる。静かなところから大迫力の花火が上がるとヒートアップするところが相場の過熱っぷりと一緒。これはパーティーじゃないかって気持ちが良かった。帰りは脳もお腹も満たされて家に到着。今日は土曜日なのに中国指標が発表されたんだと思い出してチェック。製造業PMI-7月、非製造業PMI-7月。結果は市場予想と比べて大差ないです。これで豪ドル円が嵐になるのは免れそう。よかった♪

Posted under 未分類

損益分岐点ギリギリ、経験が活かせているか!?

By: Tax Credits

損益分岐点のギリギリのところで、行ったり来たりしていて、青の数字と赤の数字がかわるがわる移動しています。チャートは緩やかに+20pipsから、大荒れで-70pipsほどになりました。経験をもとにして、損失が緩和したものの、損失発生。残りの建玉で、フォローできるかどうかにかかっています。しばらくして、すっかり相場は落ち着きを取り戻し、+-10pipsの範囲で値が収まっています。

結局、この大荒れで、負けました。じっくり出していた利益分が短時間で消えました。経験を利益になるところまで役立てなければ。運もあるから、ここで取れなくても、損失をほぼ0にするぐらいはしなければ、経験者らしくない場面です。たしかに、一時的に利益が出ていた局面があり利確すれば+で終わりました。ところが、そこで利確することができない、もっと上がったところで利確するつもりでした。あげく、下がって重ねて損失へ。さらに損失へ。

一連の結果を踏まえてFXを終わりにして、普段の日常に戻って、他のことに力を入れていく、そうすることがお金のためになる第一条件になってくる、と経験上感じます。まだ今回、トータルで損失になっていないだけ、ましだったということが言えます。ところが、その間、どれだけFXに時間をかけてきたか、取引履歴に-の赤い数字が連続して並んでいることがあるし、夜起きていることがあるし、平日毎日トレード。

これからは資格の話題がふんだんにできるように、調整していって、給料所得のみで生きていこうかなと考えています。むやみやたらと資産運用するべきではないのではないか。FXをやっていてよかったと思うのは、自分の建玉が+利益をもたらすようにレートが動いているときです。それも長ければ長いほど効果が大きくなります。だから、スキャルピングよりデイトレードよりスイングトレードより長期間、+利益の建玉を安定して保有することです。それであれば、資産が倍になる可能性があります。”

Posted under 未分類

オンラインゲームから1日後、含み益に転換へ

By: Internet Archive Book Images

逆三尊が崩壊してから、上がってきていて、含み益が乗っています。昨晩のオンラインゲームでしくじった分を上回っています。まだ決済はしていないから、まだ利益確定ではないけれども、こういうときにどうするかです。過去の事例からいえば、仕方が無いか、、と思いますが、それができないわけです。決済しようかしまいか、迷うところです。いま止めたら、入金後FXで利益を出しての勝ち逃げになります。しかし、もうちょっとあと何万円利益を出したいなぁと考えます。ついさきほどまで負けた分の額を換算して、あの欲しかった家電を買うべきだったと考えていました。損失のときと利益のときの考えがころころと変わって、為替動向によって考えが行ったり来たりしています。

昨晩負けていて、ここでひっくり返って利益になってよかったかなぁというほかないでしょう。ほっとして安心しています。ここでまた負けたら、損失が膨らんでしまうわけで、タイミングよく流れが来てくれたと思います。利益以上に、損失を出すのがモチベーションが悪化してしまうから、損失が0円になったことはひとつの安心です。これから夜中が来るから、どういうふうに動いていくか。夜にも起きていられるなら、たびたびチャートをチェックして、もしもの暴落しようとするときに対処できます。たいていの人は夜中になると眠たい、寝てしまいます。いつまでも起きてられません。これはある種のリスクで、起きたときにどうなっているかです。

オンラインゲームのことでチャットしている合間にも、FXをやってみたい、という声があります。ぜんぜんやったことがなくてわからないようですが、そのあともう一人はギャンブルだからやめておくようにと話しています。あれでは勝てない、と言っています。ギャンブルのみではなくて負けるほうが多いというものになり、訓練して勝てるものでもないけれども、場数は必要、という勝ち負けをいうと難しい判断になると思います。

Posted under 未分類